2012年04月14日

エベレストトレッキング(4) タンボチェから

トレッキング5日目。ネパールに来て、7日目。

この日も朝ごはんはチベタンブレッドにミルクティ。すっかり私たちの朝ごはんの定番になってるわ。だって、美味しいんだもん♪そのほか、ご飯のお気に入りは、フライドポテト。一口大のジャガイモを揚げたもの。マックとかのフライドポテトとはぜんぜん違うよ。なんかヒマラヤのジャガイモって美味しい気がする。こんな空気のよいところで食べてるから&いつもと違う中で食べてるからかもしれないけどね。リサのお気に入りは、モモ。ここ3日くらいお昼ご飯は、毎日モモ食べてるみたい。確かに、モモ美味しいなぁ黒ハート

朝ごはんもしっかり食べて、いざトレッキング開始~!ちょっと疲れも溜まってきてるけど、エベレストやアマダブラムとかのヒマラヤを見れば、疲れも少し回復する。タンボチェを出て、橋を渡って歩いていくと、パンボチェに到着。その後は、イムジャ・コーラに沿って山を登って行くと、ディンボチェに到着だ~ダッシュ(走り出すさま)!!!

このディンボチェは、4350mexclamation×24000m越えちゃったよ~!!!またリサと2人で大興奮。私は全然大丈夫だけど、リサがちょっと頭痛いかもって言ってた。ちょっと心配。高山病だよね。とにかく、ガイドさんのアドバイスに従って、ロッジで一息ついたら、ゆっくりその辺をブラブラ歩いて、お水もたくさん飲むようにした。それが良かったのか、夜には「少し良くなった気がする」って言ってた。明日もこのディンボチェで高度順応するから、それで回復してくれるといいんだけど。相方がこんなだと、寂しいよぉ。もっと悪くなったら、すぐ降りなくちゃいけないし。

翌朝、リサの朝の一言「全然OKパンチ頭痛くないし、お腹すいたよ~グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)」一晩で、すっかり高度順応できたみたい。全く、心配かけやがって!でも、元気になってくれて本当に良かった~。


トレッキング6日目、ネパールに来て8日目。

この日はさっき言ったように、ディンボチェで高度順応の日。近くのチュクンという村まで一日トレッキング。リサも今日は体調が良いから行きたい!って言ってたから、無理せずゆっくり進むことにした。いつでもディンボチェに引き返せるように。リサはきっと無理しちゃうから、私がちゃんと見てないと!

チュクンまでの道は、ローツェ南壁とアマダブラムを両サイドに見ながら進むコース。アマダブラムは、6856mとヒマラヤの中ではそんなに高くないけどその形状がカッコいいし、ローツェ南壁は今まで名クライマーたちを跳ね返してきた難易度の高い大岩壁。トモ・チェセンは本当にソロで登ったのかなぁ。何気なく「まぁいいか」でついた嘘がこんなことになっちゃったのかなぁ。それとも本当に登ったのに、みんなから疑われてるのかなぁ。後者だったら、かなり不憫な登山家だわ。

なんてことをリサと話してたら、チュクンに到着しちゃったあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)チュクンは4743m。ディンボチェよりも400m高い。リサの様子は、超元気。適応能力高過ぎでしょたらーっ(汗)もちろん、良いことだけどね。私も大丈夫。ガイドさんもビックリしてたよ、リサの適応能力に。

チュクンでご飯を食べて、またディンボチェに引き返した。帰りは下りだから、楽だわ~。でも、登りより下りのほうが脚に負担がかかりやすいっていうから、ストックを丁寧に使って、歩き方にも注意した。とにかく、2人ともまだまだ元気。もうすぐ、カラタパールだ~。
posted by 虎の子 at 14:36| Comment(0) | エベレストトレッキング | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

エベレストトレッキング(3) ナムチェから

トレッキング3日目。ネパールに来てから5日目。

今日は、高度順応のためにナムチェにいるんだ。高山病って怖いんだよ。無理すると死んじゃう人もいるっていうから、甘く見ちゃダメだよね。特に日本人は富士山の3778mより高い所は行ったことない人がほとんどだから、油断は禁物!私達も富士山に登った事はあるけど、それ以上の標高は経験ないからさ。一応、富士山の時は高山病の症状なかったけどね。

でも、ナムチェにずっといてもつまらないから、ガイドさんの案内でシャンボチェ~クムジュン村に行ってきた。シャンボチェからは

エベレストが見えた~

今までヒマラヤは見えてたけど、エベレストは見えなかったから、シャンボチェからエベレストを見たときは本当に感動した。リサと2人で「うわぁ~・・・」って言って、その後言葉がなかなか出なかった。そのくらい感動したの。シャンボチェの後は、クムジュン村。日本人の登山家&冒険家の植村直己さんがエベレスト登山のために滞在した村なんだってさ。私達も一応山ガールの端くれだから、名前くらいは知っている。こんなところで、冬を越すなんて私達には無理だよねっていう当然の意見が出ました。

クムジュン村のあとはそのままナムチェまで戻ってきた。大きなバックパックを持たなくて良いから、今日は超楽だったよ~。


トレッキング4日目。ネパールに来てから6日目。

この日は2泊したナムチェを出発して、タンボチェまでトレッキング。ナムチェを過ぎるとかなり間近にヒマラヤが見え始める。ヒマラヤを見ながら歩けるなんて、なんかとっても贅沢だよね~ってリサとずっと言ってた。タンボチェまでは、最後の坂が本当にきつかった~。ガイドブックによると標高差600m!!!でも、途中からアマダブラムがキレイに見えたから良し!アマダブラムは本当に独特の形をしていて、一つだけで凜と立っていてカッコいい。

タンボチェにはタンボチェ・ゴンパというチベット仏教の僧院がある。これが、びっくりするほど立派!でも、古いものは漏電で焼けちゃって、今あるものは1995年に建てられた新しいものなんだってさ。漏電で火災って、なにかネパールらしいよね。
posted by 虎の子 at 23:43| Comment(0) | ネパール旅行 | 更新情報をチェックする

エベレストトレッキング(2) パクディンから

トレッキング2日目、今日の朝ごはんは昨日のリサを真似してチベタンブレッド。これにハチミツをかけてみた。そして、ミルクティ。リサに「太るよ~」なんて言われたけど、トレッキングで頑張って歩いて消費するから良いんだもん!そんなリサだって、同じもの食べてたし★

今日は、パクディンからトレッキング開始。この辺りは、川沿いに歩いていくから、気持ち良い。森と川ある景色なんだけど、やっぱり日本とは違う風景。なんだろう、ネパールって空が青いんだよね。標高が高いとそう見えるのかな?それに、何より建物の作りが違うから、景色が全然違って見える。でも、日本とおんなじ景色だったらつまらないから、これで良いんだけどね。

パクディンから歩いて2時間くらいでチュモアという村に到着。ここで、ちょっと一息ついて休憩。ホットレモンを飲んで、「はぁ~」って。ホットレモンを注文したのは、さっき紹介した旅行会社のブログに書いてあったから。日焼けにも疲労にもいいからね。それにトレッキングみたいな運動した後って、ミルクティを飲む気にはなれないしさ。

パクディンから歩いてすぐのところにモンジョというところがある。ここは、サガルマータ国立公園のチェックポイント。ここで、入域料1000ルピーを払います。もちろん、うちらはガイドさんが払ってくれるんだけどさ。あとはTIMSカードのチェックね。ネパール警察の方々、ご苦労様です!

モンジョの後は、ジョルサレを過ぎて、今日の目的地ナムチェへ。ナムチェは、思ったよりも大きな村。まぁ、この辺りの村は小さいっていうか村というより集落だから、余計にそう感じるのかもしれないけど。ガイドさんによると、ナムチェはこのエベレストエリア最大の村で、シェルパ族が多いんだって。そう言われてみると、あっさり顔のネパール人が多い。カトマンズのネパール人は、インドみたいに濃い顔が多かったからなぁ。私はこのあっさり顔のほうが親しみがもてるわ。
posted by 虎の子 at 21:09| Comment(0) | エベレストトレッキング | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。