2012年07月03日

下りってこんなに!

カラパタールを満喫した後、ゴラクシェプに戻って朝ごはん。そして、名残惜しいけどこの絶景ともお別れして、カトマンズまで戻らなくちゃいけない。カトマンズまで戻るっていっても、まだまだ道のりは長いんだけどね~。

とにかく、ゴラクシェプを出発。ロッジのおばちゃんには、とっても良くしてもらったから、「また来るね~!」って言いたかったけど、でもそれは嘘になる可能性が大きいから言えなかった。リサも悲しそうな顔してたな。

今日は、ペリチェまでトレッキング。行くときとは途中から違う道に入っていく。行き帰りが全部同じ道だとつまらないから、こういう変化は嬉しい。でも絶景は変わらないから、何回見ても良いんだけどね。ペリチェは4252m。ゴラクシェプから900m下ってきたことになる。

びっくりしたことは、下りってこんなに楽なの???っこと。全然息が乱れない。サクサク歩けるし、話をしながらでも全然しんどくない!歩くスピードも速くなるしね~。嬉しくなる。そんなことをガイドさんに話したら、「下りは脚が痛くなるから気をつけて!ストックをうまく使ってね!」だって。

そうか!そういえば、下りのほうが足腰への負担は大きいって聞いたことがある。明日、脚痛いのかなぁ~???
posted by 虎の子 at 15:54| Comment(0) | ネパール旅行 | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

エベレストトレッキング(9)カラパタール再び

早朝というか夜明け前、パッチリ眼が覚めた。時計を見ると、4時半。音を立てないようにゆっくり静かに寝袋から這い出ると、リサから「おはよう!」って声がかかった。リサも興奮して眼が覚めてたみたい。2人でゴソゴソ用意をして、忘れ物がないかチェックして、ダイニングルームへ向かった。

ダイニングルームでは、ばっちりガイドさんが待っていてくれた。ネパール人って遅刻しなそうなのに、このガイドさんは確実に時間前行動。信頼できる人です。嬉しい!ガイドさんは、「体調はどうですか?頭痛くないですか?」と朝の挨拶もそこそこに、私たちの体調を気遣ってくれて、ナイスなガイドさん♪

マウントフジ・アドベンチャーには、感謝だね。このガイドさんじゃなかったら、もっとつまらないトレッキングになっていたと思う。ちなみにガイドさんの名前はエカさん。

さて、カラパタールに出発です。またゴラクシェプに戻ってくるから、貴重品と水とカメラだけを持って出発。2回目だからか、高度順応ができているから、この前よりは楽な感じ。ウキウキだ。でも、もちろん5000m以上だから、ゆっくりしか歩けないんだけどね。そして、カラパタールに到着!朝だから空気が澄んでるのか前よりもキレイに見える。高山病もないからかも。いや~、来てよかった~。

写真載せたいけど、めんどくさいの。このブログは、どんなことをトレッキング中に思ったかを書いておくためのものだから、まぁ良いか。

この前よりも余裕があるから、ゆっくり思う存分エベレストを眺め、ゴラクシェプへ戻った。そして、朝ごはん手(チョキ)もちろん、チベタンブレッド&ミルクティ。朝からしっかり運動したから、いつも以上に美味しく感じる~。

今日はもう下らなくちゃいけない。寂しいなぁ。せっかく高度順応できたのに、もう下るのかぁ。う~、猛ちょっと居たいよぉ。
posted by 虎の子 at 15:44| Comment(0) | ネパール旅行 | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

エベレストトレッキング(8)エベレストベースキャンプへ

カラパタールからのエベレストの興奮も冷めないうちに、ゴラクシェプのロッジへ戻ってきた私達。ゴラクシェプへ戻ってきたら、なんだか元気になっちゃった!「頭が重い?何それ?」見たいな感じ。とりあえず、ゴラクシェプのある5150mまでは高度順応できているみたい。

そんな私達を見て、ガイドさんが明日も行く方向で考えようか?って行ってくれた。行くとしたら早朝、日の出をカラパタールで見るってこと。うは!なんだか、凄いことになってきた!!!絶対行きたい!ってリサも言ってたし。ガイドさんは、今日の寝る前まで体調が大丈夫そうだったら、行ってみよう!って言ってくれた。嬉しい~。


そんなガイドさんに、「ガイドさんは高山病にならないの?」って聞いたら、ガイドに成り立てのころは頭痛くらいはあったけど、今はもう大丈夫なんだって。ガイドの免許取る時のトレーニングもあるし。ただ、ポーターとか自称ガイドはたまに高山病になる人がいるみたい。やっぱりこういうのを考えると、ちゃんとした旅行会社のほうが良いよね~。自分達だけで行くなんて怖いし。まぁ、自己責任ってやつかな。

ゴラクシェプからもヒマラヤ山脈はキレイに見える。本当に凄い。熱々のミルクティを飲みながら、寒い外でヒマラヤを眺めるなんて、本当にすご~い!!!贅沢だよね~。外は寒いから、すぐに冷めちゃうんだけどね。

夕食は、今日はポテト&チーズモモ♪。美味しくいただきました。食欲もあるし、頭も痛くない。そういうわけで、私達はまた明日、カラパタールに行ってきます!5545mからの日の出!凄いに違いないぞ!

というわけで、今日は早く寝る~。トレッキング中は、いつも早いんだけど。
posted by 虎の子 at 18:25| Comment(0) | ネパール旅行 | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

エベレストトレッキング(7)カラパタール!!!

今日は、いよいよカラパタールのことを書いていきます!!!

カラパタールは、山になっていてその麓にゴラクシェプという村?というかロッジがある場所があります。このゴラクシェプに荷物を置いて、身軽になってからカラパタールの頂上を目指したよ~!!!

ゴラクシェプからカラパタールまでは、本当に辛かった。一歩一歩が本当に重くて重くて、すぐに立ち止まって休みたくなる。なんか頭も重い気がする・・・。さすが、5000m以上の世界は違う・・・。でも、エベレストの絶景を見るために、なんとか少しずつゆっくりゆっくり進んでいった。


カラパタール、到着!!!


ここからは、疲れも高山病の症状も一気に吹き飛ぶすごい景色!エベレストやローツェ、プモリ、ヌプツェなどが迫ってくる感じ。さらにマカルーやチョー・オユーも見ることができる。すごい!!!さすが、エベレストの展望台だわ!!!こんな凄い景色は、5000m以上の場所じゃないと見れないんだろうなぁ。すごい、という言葉しか出てこないけど、本当にすごいんだよ!!!

カラパタールに30分位いて、景色を眺め写真を取ったあとは、ゴラクシェプへ下山。実は、私もリサもあんまり体調がよくなかったんだ。気持ち悪い感じ。きっと高山病の症状だろうということで、早めに下山したの。ゴラクシェプまで戻ったら、すっかり治っていました。ガイドさんが、明日の朝になると高度順応ができているだろうから、もう1度行きたかったら朝早く出発しましょう、って行ってくれた。こういう気遣いは本当に嬉しい。とにかく、今日はゆっくりして明日の体調と相談することにした。

それにしても、カラパタール、すごいよ!
posted by 虎の子 at 18:52| Comment(0) | ネパール旅行 | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

エベレストトレッキング(6) ロブチェから

トレッキング9日目、ネパール11日目。

この日、いよいよこのトレッキングの目的地カラパタールへ行きます!!!体調も良い私たちは、朝から超ハイテンション!!!目覚めもばっちり!ダイニングルームへ行くと、ガイドさんが「早いねぇ~。」だって。いつもの朝ごはんチベタンブレッド&ミルクティをゆっくり食べて、燃料補給完了!!!きっと、これでカラパタールへ元気に歩いていけるはず。

荷物を背負って外に出ると、やっぱり寒い~。だって、ここは4930m。そりゃ寒いよね。でも、歩いていくうちに暖かくなるはず。この辺りは、「生命」の雰囲気がない。動物もほとんどいないし、植物もあんまり生えてない。「命」の香りがないの。周りは石と岩と雪と氷の世界。そして空の青さがとても眩しい。そんな中を歩いていると、なんか厳かな気持ちになってくる。でも、ちょっとしたきっかけでリサとキャーキャーしてしまう。元気な証拠なんだけど。

それにしても、私達は本当に元気!この標高だと、高山病になってヘリコプターで下山する人もいるんだって。高山病、怖いんだなぁ。でも、とりあえず今は元気だから大丈夫。

ロブチェを出発して5時間くらいかなぁ、途中でゴラクシェプという村を通り過ぎて、最後の登り坂を登ってカラパタールの頂上へ到着したよ~!!!今日は、ゴラクシェプに泊まるから、荷物をそこに置いていけたのはとっても助かった~。さすがに5000m以上のところを重い荷物を背負って行くのは、かなり厳しかったから!

カラパタールからの様子は、また次の機会に!でも、一言だけ。エベレスト、最高!!!
posted by 虎の子 at 17:13| Comment(0) | ネパール旅行 | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

エベレストトレッキング(5) ディンボチェから

トレッキング8日目。ネパールに来て10日目。

この日はディンボチェからロブチェまでトレッキング。昨日の高度順応が良かったのか、リサも今日は元気。もちろん私も元気。今のところ、高山病って何???っていう感じ。元気な2人、丈夫な2人でよかった~。

朝ごはんはいつものチベタンブレッドを頼んで、お腹いっぱい。重い荷物を背負って、いざトレッキング開始。ディンボチェからは、ローツェを右前に見ながら歩いていく。やっぱりヒマラヤがキレイに見えるのは、元気が出る。元々元気だけどさ。やっぱりこの辺りは標高4000m越えてるから、重い荷物が型にのしかかってきて、結構きついんだけど、ヒマラヤからパワーを貰う感じになる。別にスピリチュアルが好きなわけじゃないけど、でもパワーを出してくれてると思う。きっと、ヒマラヤには神様がいて、私達にパワーを送ってくれてるんだと思う。

トゥクラを通り過ぎてロブチェへ到着。結構早くついたかも。4時間くらいだったかなぁ。でも、酸素が薄くて、これ以上長く歩くのも無理だわ。酸素がこんなにも恋しいと感じたのは、生まれて初めて。ロブチェは4930m。もうすぐ5000mだよ~。そんなことをリサとキャーキャー言いながら話していたら、ガイドさんに「元気だね~。」とちょっとあきれられてしまった・・・。

でもいいの、元気が一番だから。
posted by 虎の子 at 17:57| Comment(0) | ネパール旅行 | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

エベレストトレッキング(4) タンボチェから

トレッキング5日目。ネパールに来て、7日目。

この日も朝ごはんはチベタンブレッドにミルクティ。すっかり私たちの朝ごはんの定番になってるわ。だって、美味しいんだもん♪そのほか、ご飯のお気に入りは、フライドポテト。一口大のジャガイモを揚げたもの。マックとかのフライドポテトとはぜんぜん違うよ。なんかヒマラヤのジャガイモって美味しい気がする。こんな空気のよいところで食べてるから&いつもと違う中で食べてるからかもしれないけどね。リサのお気に入りは、モモ。ここ3日くらいお昼ご飯は、毎日モモ食べてるみたい。確かに、モモ美味しいなぁ黒ハート

朝ごはんもしっかり食べて、いざトレッキング開始~!ちょっと疲れも溜まってきてるけど、エベレストやアマダブラムとかのヒマラヤを見れば、疲れも少し回復する。タンボチェを出て、橋を渡って歩いていくと、パンボチェに到着。その後は、イムジャ・コーラに沿って山を登って行くと、ディンボチェに到着だ~ダッシュ(走り出すさま)!!!

このディンボチェは、4350mexclamation×24000m越えちゃったよ~!!!またリサと2人で大興奮。私は全然大丈夫だけど、リサがちょっと頭痛いかもって言ってた。ちょっと心配。高山病だよね。とにかく、ガイドさんのアドバイスに従って、ロッジで一息ついたら、ゆっくりその辺をブラブラ歩いて、お水もたくさん飲むようにした。それが良かったのか、夜には「少し良くなった気がする」って言ってた。明日もこのディンボチェで高度順応するから、それで回復してくれるといいんだけど。相方がこんなだと、寂しいよぉ。もっと悪くなったら、すぐ降りなくちゃいけないし。

翌朝、リサの朝の一言「全然OKパンチ頭痛くないし、お腹すいたよ~グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)」一晩で、すっかり高度順応できたみたい。全く、心配かけやがって!でも、元気になってくれて本当に良かった~。


トレッキング6日目、ネパールに来て8日目。

この日はさっき言ったように、ディンボチェで高度順応の日。近くのチュクンという村まで一日トレッキング。リサも今日は体調が良いから行きたい!って言ってたから、無理せずゆっくり進むことにした。いつでもディンボチェに引き返せるように。リサはきっと無理しちゃうから、私がちゃんと見てないと!

チュクンまでの道は、ローツェ南壁とアマダブラムを両サイドに見ながら進むコース。アマダブラムは、6856mとヒマラヤの中ではそんなに高くないけどその形状がカッコいいし、ローツェ南壁は今まで名クライマーたちを跳ね返してきた難易度の高い大岩壁。トモ・チェセンは本当にソロで登ったのかなぁ。何気なく「まぁいいか」でついた嘘がこんなことになっちゃったのかなぁ。それとも本当に登ったのに、みんなから疑われてるのかなぁ。後者だったら、かなり不憫な登山家だわ。

なんてことをリサと話してたら、チュクンに到着しちゃったあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)チュクンは4743m。ディンボチェよりも400m高い。リサの様子は、超元気。適応能力高過ぎでしょたらーっ(汗)もちろん、良いことだけどね。私も大丈夫。ガイドさんもビックリしてたよ、リサの適応能力に。

チュクンでご飯を食べて、またディンボチェに引き返した。帰りは下りだから、楽だわ~。でも、登りより下りのほうが脚に負担がかかりやすいっていうから、ストックを丁寧に使って、歩き方にも注意した。とにかく、2人ともまだまだ元気。もうすぐ、カラタパールだ~。
posted by 虎の子 at 14:36| Comment(0) | エベレストトレッキング | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

エベレストトレッキング(3) ナムチェから

トレッキング3日目。ネパールに来てから5日目。

今日は、高度順応のためにナムチェにいるんだ。高山病って怖いんだよ。無理すると死んじゃう人もいるっていうから、甘く見ちゃダメだよね。特に日本人は富士山の3778mより高い所は行ったことない人がほとんどだから、油断は禁物!私達も富士山に登った事はあるけど、それ以上の標高は経験ないからさ。一応、富士山の時は高山病の症状なかったけどね。

でも、ナムチェにずっといてもつまらないから、ガイドさんの案内でシャンボチェ~クムジュン村に行ってきた。シャンボチェからは

エベレストが見えた~

今までヒマラヤは見えてたけど、エベレストは見えなかったから、シャンボチェからエベレストを見たときは本当に感動した。リサと2人で「うわぁ~・・・」って言って、その後言葉がなかなか出なかった。そのくらい感動したの。シャンボチェの後は、クムジュン村。日本人の登山家&冒険家の植村直己さんがエベレスト登山のために滞在した村なんだってさ。私達も一応山ガールの端くれだから、名前くらいは知っている。こんなところで、冬を越すなんて私達には無理だよねっていう当然の意見が出ました。

クムジュン村のあとはそのままナムチェまで戻ってきた。大きなバックパックを持たなくて良いから、今日は超楽だったよ~。


トレッキング4日目。ネパールに来てから6日目。

この日は2泊したナムチェを出発して、タンボチェまでトレッキング。ナムチェを過ぎるとかなり間近にヒマラヤが見え始める。ヒマラヤを見ながら歩けるなんて、なんかとっても贅沢だよね~ってリサとずっと言ってた。タンボチェまでは、最後の坂が本当にきつかった~。ガイドブックによると標高差600m!!!でも、途中からアマダブラムがキレイに見えたから良し!アマダブラムは本当に独特の形をしていて、一つだけで凜と立っていてカッコいい。

タンボチェにはタンボチェ・ゴンパというチベット仏教の僧院がある。これが、びっくりするほど立派!でも、古いものは漏電で焼けちゃって、今あるものは1995年に建てられた新しいものなんだってさ。漏電で火災って、なにかネパールらしいよね。
posted by 虎の子 at 23:43| Comment(0) | ネパール旅行 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。